システムの一括管理|ワークフローをパーフェクトサポート|システムソフトで企業改革

ワークフローをパーフェクトサポート|システムソフトで企業改革

女の人

システムの一括管理

ウーマン

ところで、基本的なことですが、勤怠管理とはどのようなもののことを言うのか、把握されているでしょうか。勤怠管理の役割とは、ただ出勤したかどうかをマークするだけ、ではありません。もしそれだけの機能で済むのであれば、わざわざ勤怠管理システムを導入する必要などなかったでしょう。もちろん、勤怠管理システムの導入は、今までの記載方法よりも有意義であるからこそ、推奨されているのです。法律で定められている限りでは、労働時間は一日八時間、休憩が一時間となっています。時給で働いているアルバイトやパートは特に関係のあるものですが、月給制で働いている正社員にとっても、一日の就業時間、そして休憩時間の記録は重要なものです。勤怠管理の記録がしっかりなされていなければ、出勤日数や勤務時間によって算出される、給与計算が難しくなります。ことによれば、誤った給与計算をしてしまい、大きな問題に発展する可能性さえあります。そして何より、算出の手間がかかるということは、それだけ多くの時間、また多くの人の手を煩わせる、面倒ごとであるということです。この手間を短縮し、簡略化させることができれば、それだけ別の分野に人を配置することができ、生産性は向上します。

勤怠管理を、アナログな手法に頼らず、システムでの一括管理で行うことには大きなメリットがあります。そのうちの一つが、手間の短縮、簡略化であることは先述しました。もちろん、それだけではありません。勤怠管理は、給与の計算を行う上で必要不可欠な情報です。これを元に、月の給金が決定されます。それほど重要なものなのですが、勤怠管理システムを導入していない企業では、タイムカードという方法で勤怠記録をつけているところがほとんどです。このタイムカードという方式は、時間どおりに出勤、休憩、退勤を行っていることが把握できるため、非情に便利なものですが、他人が勝手に打刻してしまうと問題になります。その点この勤怠管理システムなら、そういった心配もいらないのです。